読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとうにもう何もかもどうでもいい

銭湯やらいろんなところに自転車やら自分の足で走って行ったことなどを書きたいですね。

Rapha #Festive500(2016) After Ride:いわゆる「三県境」と吉川市の銭湯、松乃湯さんに寄りました

渡良瀬川CRを下ってたどり着いたのは渡良瀬遊水地の北端でした。
西の方に見える山は筑波山ですね。

※下記エントリーのつづきです。

 

広大すぎるのでした。

道の駅きたかわべに着きました。

栃木県、グンマー県、サイタマ県の県境が1点に集約している「三県境」とやらを見に行くことにしました。

ここもカフェ・アラジンの常連さんが勧めてくださりました。帰宅ルート上であることだし、スマホで写真まで見せてくださって、実物を見ないわけにはいかないと思い立ったのです。

スーパー堤防上にある道の駅きたかわべから階段を下ると田んぼが広がっていました。

カフェ・アラジンの常連さんは田んぼのど真ん中に三県境はあるYO!みたいな、そんなようなことを話していたような。気のせいかもしれんし、知らんけど。まあ田んぼのど真ん中にあるっぽいよな。

そんな思いで田んぼのど真ん中に向かって歩きましたが、まあ見つからないこと。

散歩中の老夫婦にお尋ねしたら、「あの背の高い木のほうにあるよ」ということでした。

その背の高い木のほうへ向かって、あぜ道をガシガシと歩いて行きました。
履いてて良かったSPDシューズ。

着きました。

…だそうです。

緑の木札の前に立つ高低の棒はカメラの三脚代わりにどうぞ、とのことでした。

さっそく使わせていただきました。

ありがとう、三県境。


利根川沿いをちょろっと走ったら、もう関宿城です。

江戸川CRはほどよい北風が吹いていました。つまり追い風でした。

スイスイっとあっという間に吉川の松乃湯さんに到着。

朝湯でもう閉じてしまったか。しかし、時刻はまだ13:30。夕方から開けてくれる可能性も無きにしもあらず。そうであってくれることを期待しましたが…

お休みでした。初湯は三日からとのことでした。

 

もうしばらくの間はロードバイクに乗らなくていいかな。そう思いました。