読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとうにもう何もかもどうでもいい

銭湯やらいろんなところに自転車やら自分の足で走って行ったことなどを書きたいですね。

ただ奥多摩入り口まで、ミシュランpro4scをバーストさせに行ったライドだった(その1)

自転車が好き Wilier Lavaredo Carbonに乗っています

9月の敬老の日が絡む3連休の初日、僕は甲府を目指しました。

 

昼にわが町足立区を発って、荒川、志木、所沢(ダイオキシン・シティ)、瑞穂町、そして青梅入り。

奥多摩へと続く、そのゆるい上り坂を走っていて、リアが周期的にパッコンパッコン跳ねることに気がつきました。すぐさまコンビニの駐車場にピットインして確認したら、このザマですよ。泣けた。

計3ヶ所、トレッドが剥がれ、ケーシングが丸見え子ちゃんでした。

甲府までとりあえず行って、甲府の自転車屋でタイヤを調達しようか。それともいま来た道を戻るか、多摩川のラフティング風景を見ながら考えました。

青梅に戻ることにしました。

そして、ラフティングを眺めた軍畑の橋から、いま来たばかりの青梅街道を戻ること数100メートル。ミシュランpro4 scはものの見事にバーストしたのでした。

甲府を目指さなくてよかった。ぷらおじさんは心底そう思いました。

もう秋口ということで、日焼け対策のレッグカバーはせずにビブショーツのみでした。膝上から下は生足でした。その生足の引き足に、バーストによるタイヤの細かな破片やら風圧があたりまして、おじさんのふくらはぎの肌はみるみるうちに真っ赤に、ミミズ腫れになりました。ひりひり感もしばらくの間、続いたのでした。

不幸中の幸いというか、こんな辺境の地に、ありがたいことにJR青梅駅駅前に「自転車店 クロチェリスタ」なるロードバイクショップがありました。

「自転車店 クロチェリスタ」さんまで、ウィリエール号を押して歩きました。その距離、たった4kmぽっちで済みました。

さらにツイてることにタイヤを2,510円で調達することができました。今どきロードバイクのタイヤなど、2,000円台で手に入れるのは海外通販以外で無理・無理・無理・無理・かたつむりよ。

ちなみにそのタイヤはヴィットリアのTOPAZIO pro というモデル。完成車外しで安くしているとのことでした。

店主様*1から甲府までの道中について情報を仕入れた僕は、駅前のベンチでヴィットリア・TOPAZIO proをインストール。再度甲府を目指しました。

しかし店主様の言うとおり、見るからに「お先真っ暗」。

それにビビったヘタレな僕はあっさり怯みまして、また青梅に引き返したのでした。

 

Vittoria(ビットリア) TOPAZIO PRO 2 700×23c FULL BLACK F-TO2723-BB

Vittoria(ビットリア) TOPAZIO PRO 2 700×23c FULL BLACK F-TO2723-BB

 

*1:お若かったです。たいそう話し好きのご様子で、入店したときもほかのお客さんとコーヒー談義に花を咲かせていました。