ほんとうにもう何もかもどうでもいい

銭湯やらいろんなところに自転車やら自分の足で走って行ったことなどを書きたいですね。

今日は歩いた、浅草まで

思うようにいかない。

 

息を吐くようにして、うそをつく輩しかいない。 

てきとうなことばかりのたまう輩が多すぎる。

そして放置プレー。 日々が遅々としていて、進展を感じない。焦る。
粛々と言われたことをこなすだけ。それすら一進一退。

また後出し指示の「設計書」とやらは僕が代筆するのだろう。 そうなることはとっくにわかっていたから、設計書作成着手済みだけどな。

なんだかな。 心がそわそわ。だから歩くことにしたんだ。

客先で心を病み、待機となった彼は今日も来なかった。

木と紙と土でできた家。 長くそこにありつづけるのは難しいことなのだろう。

御茶ノ水秋葉原御徒町、元浅草、浅草。 雑居ビルと住居が混在していた。 

ちぐはぐな街並みはもはや「街並み」ではない。 眺めながら歩いていると、頭のなかがカオスになってきた。

本願寺前の参道にならぶ長屋はあいかわらずそこにあった。 安心した。

デリぱく浅草店で弁当を買った。

メンチカツと得体のしれない白身魚のフライが入った弁当は270円。 浅草寺西側、リッチモンドホテル前のベンチでひとり食べた。

東武浅草駅には始発が停まっていた。 先頭車両にのみ、空席があった。

隣に座ったおじさんがスマホでいつぞやのモヤさまを見ていた。 イヤホンをせず、スマホのスピーカーで音を垂れ流しで見ていた。

聞き覚えのある「パフ♪」という音。それでモヤさまを見ているのだとわかった。 耳障りでイラっとした。

広告を非表示にする