読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとうにもう何もかもどうでもいい

銭湯やらいろんなところに自転車やら自分の足で走って行ったことなどを書きたいですね。

日本橋三越の思い出と三越美術逸品会と久しぶりのジョグのこと

そんなたいした話ではないのだけれど。

日本橋三越に恐ろしく久しぶりに来たので、つい思い出してしまった次第。

 

小学校高学年のとき、年末だか年始に家族で来た。

そのとき、子供服の福袋を親が僕ら兄弟3人分買った。3つの福袋にはそれぞれウールのセーターが入っていて、弟のセーターの色がいかにも三越の物らしい、上品なモスグリーンだった。

そのモスグリーンのセーターが弟にばっちり似合っていた。

弟は僕よりもルックス良し、背が高くスタイル良し、おまけに賢いときて、それでいて福袋のセーターまで似合っていたわけだから、僕は弟にそれはもう激しく嫉妬した。

そんなことを思い出してしまった。
(本当にたいした話ではない笑)

本館中央の吹き抜けスペースでは伊勢神宮の写真展が行われていた。

伊勢神宮では2013年に式年遷宮が行われたのは記憶に新しいところではあるが、これが新しい社殿なのだろうか。

僕がロードバイクで伊勢参りをしたのは2011年だか2012年のこと。それから今日までの間に名古屋まで1度走っているが、伊勢参りはずいぶん以前の出来事になってしまった。次に長い休みがとれたら、伊勢参りライドを考えてみようか。

便座に腰掛けると、すぐ目の前にこんな注意書きが貼ってあった。

ひとつめふたつめの丸が言わんとしていることがわかるが、3つめは???
意図せず最強の水流にして、その勢いの強さにアナルが崩壊or拡張した紳士(もしく淑女)でもいたのかな。

三越美術逸品会にも立ち寄る

実は銭湯展よりも長い時間居ついてしまったのが、展示即売会を兼ねた三越美術逸品会だったりする。

まあ…場の広さ自体が、すでにうん十倍はあったしね。

ピカソシャガール、元東京芸大の学長とか有名どころ(…にしては、名前がぱっと出てこない笑)がさりげなく展示してあって、度肝を抜かれた。

お値段も20万円くらいのお求めやすいプライスから3000万円を超える驚愕プライスまで、様々すぎてウケた。

村上隆草間弥生奈良美智リトグラフなんてものもあった。
村上隆のお値段は草間弥生奈良美智に比べると桁が1つ少なくて、妙に感心した。

教養に乏しく、美術にさほどの関心がない僕。
絵そのものよりも、絵と掲げられたお値段の関連性についてばかり考えてしまった。

僕と年齢の近しい作家さんの作品もあった。やはり、なんというか、心がときめかない。つい足を止めてしまうのは、前時代の作家の作品ばかりだった。

足立区竹ノ塚からジョギング、はるばる計20km弱

足立市場の前でタクシーとオートバイの接触事故があった。

日本橋三越の前に浅草橋のヤマトレザーに寄った。

100円端切れを数枚買いたかったが、店はやっていなかった。日曜祝日は休みだと思っていたが、土曜も休みだったか。これは痛い。

なにはともあれ、足立区竹ノ塚から浅草橋経由で、日本橋の手前まで14kmちょいだった。さらに日本橋から東京スカイツリーまで4kmちょいを走った。計19kmほど。

走るのは年始の墨田区緑・松の湯さん銭湯ジョグ以来になってしまった。それでもわりに走れた。

ダメージは両足の裏に計6か所のマメができてしまったくらい。股関節痛やひざ痛はなし。

時期的にまずはロードバイク。その合間にジョグをしていきたい。